脳神経内科

診療担当表はこちら

診療内容

脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。頭痛、脳卒中、認知症、てんかん、パーキンソン病などの神経難病などが代表的な病気です。体を動かしたり、考えたり覚えたりすることがうまくできなくなった時にこのような病気を疑います。しびれ、めまい、力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、引きつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重に見える、頭痛、手足や体がかってにうごいてしまう、物忘れ、意識障害などの症状があります。全身をみる神経内科でどこの病気であるかを見極めて、たとえば骨や関節の病気なら整形外科へ、手術が必要なら脳神経外科へ、精神的なものなら精神科や心療内科に、あるいは眼科や耳鼻科に紹介する場合もあります。

特色

診断のためには、電気生理学的検査(脳波、神経伝導検査、針筋電図、誘発電位など)、画像診断(海馬定量計測の可能なMRI・MRA、CT、脳血流シンチグラムなど)を行うことができます。眼瞼痙攣や片側顔面痙攣などを対象としたボツリヌス毒素治療、神経免疫疾患に対するガンマグロブリンなどの免疫治療を行っています。

担当医師

脳神経内科部長:廣田 伸之(ひろた のぶゆき)
卒業年 滋賀医科大学 平成1年卒
専門 神経内科全般 電気生理
所属学会等 日本内科学会認定内科医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本神経学会指導医、日本臨床神経生理学会認定医(筋電図・神経伝導分野、脳波分野)、日本ボツリヌス治療学会認定施注医

非常勤医師

河村 祐貴(かわむら ゆうき)
卒業年 東北大学 平成20年卒
和田 隆史(わだ たかふみ)
卒業年