心臓血管外科

診療担当表はこちら

診療内容

一般成人心臓血管外科疾患(冠動脈疾患、弁膜症、動脈瘤など)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など)の手術を専門としています。当院の循環器科、血管内科医師と連携し、積極的に治療に取り組んでいきます。患者さんに対してはできるだけわかりやすい説明を心がけ、それぞれの病状に対してどうすればベストな予後が得られるか、相談しながら治療に当たりたい所存です。

特色

心臓手術につきましては海外での臨床手術留学経験を生かした医師もおり、できる限り丁寧かつ安全で的確な手術を心がけています。

その他、現在胸部や腹部の動脈瘤に対して従来の開胸、開腹による手術より手術侵襲が少なく、患者さんの回復が早いといわれてきているステントグラフト治療が進められています。当科でも十分なカテーテル治療経験のある医師が他科医師と協力しながら治療に当たります。

治療内容についてはこちら

担当医師

德田 貴則(とくだ たかのり)
卒業年 岡山大学 平成15年卒
専門 成人心臓血管外科領域
所属学会等 日本心臓血管外科学会専門医、日本外科学会外科専門医、胸部ステントグラフト実施医、腹部ステントグラフト実施医、日本胸部外科学会
山田 有紀(やまだ ゆき)
卒業年 香川大学 平成20年卒
専門
所属学会等