腎臓内科

診療担当表はこちら

診療内容

総論的には、検尿異常の場合は、糸球体腎炎などの可能性のある症例には可能な病院を紹介し腎生検を施行いただきその組織の結果に応じて加療としています。慢性腎不全には根本的治療が存在しないため、慢性腎不全の進行を抑制し透析導入を遅らせることを目標に薬物療法あるいは食事指導などの生活指導を行います。末期腎不全に至った場合は血液透析を導入し維持透析を透析サテライトなどに紹介しています。腹膜透析を希望の場合は腹膜透析導入可能な施設を紹介しています。
しかし各論的にはマンパワーの問題から現実的には個々の患者さんの状態に応じて対応しています。状態に応じて早めに他院を紹介することも行っています。

担当医師

腎臓内科部長:今牧 博貴(いままき ひろたか)
卒業年 福井医科大学(現 福井大学) 平成11年卒
専門 腎臓内科
所属学会等

日本腎臓学会腎臓内科専門医、日本透析医学会透析専門医、日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本高血圧学会認定高血圧専門医