院長あいさつ

病院長 野原 隆司
この度、枚方公済病院長を拝命いたしました。
枚方公済病院は田中一成前々病院長、野原隆司前病院長のリーダーシップのもと「強く、やさしく、頼れる病院」をモットーに地域における中核病院として活動して参りました。
「強い病院」とは何でしょうか?医療は医師、コメディカルスタッフ、事務職の実働(エッセンシャルワーク)の積み上げで成り立っており、病院はそのマンパワーに応じた予定の仕事量は安定してこなすことが出来ますが救急患者の増加などの不規則な医療需要が発生するとたちまちシステムに負荷が掛かり、僅かな救急患者の増加であってもその応需が困難となることがしばしばです。「強い病院」とは緊急事態発生時においても、職員が知恵を絞り、心を合わせてふところ深く対応出来る病院であると考えます。枚方公済病院は救急医療を診療の中心に据えておりますが、新型コロナウイルス感染拡大の初期段階で一般救急応需を維持するために、医師有志が自ら手を上げてあえて積極的にコロナ患者受け入れの診療体制を整え、一般救急医療とコロナ診療の両立を実現しました。

「やさしい病院」とは何でしょうか?病院は医療従事者にとっては通常勤務を行なう職場であり日常的な環境ですが、患者さんにとっては病気について大きな不安を持って来られる非日常的な環境です。「やさしい病院」とは病院職員が患者さんの不安や希望を想像する力を持った病院だと考えます。豊かな想像力を持つためには自分の心に余裕がないといけません。枚方公済病院の職員はみんな明るく楽しそうに仕事をしており働き方満足度が高いことが窺われますが、これこそが患者の気持ちを慮る心の余裕に繋がると信じております。

「頼れる病院」とは何でしょうか?豊富な知識を持った医師が高度医療を提供することは頼れる病院のひとつの要素であると思います。ただ枚方公済病院は、いたずらに高度医療のみを追求するのではなく、適切な医療情報を提供し患者さんの価値観を重視して治療方針を決定する病院、すなわち患者さんに対する説明責任をしっかりと果たす病院を目指します。職員みんなが「わたしの病院」の提供する医療に誇りを持てる病院こそが「頼れる病院」だと考えます。

枚方公済病院はまだまだ発展途上の病院ですが、職員は一致団結して地域に奉仕していく覚悟です。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

令和4年4月1日 病院長 木村 剛